イベント

2022.03.16

社員総出でサプライズ!? 社内イベントの裏側に密着

先日アップした「2020年新卒社員がガンを乗り越え、1年ぶりにファーストロジックに復帰!」というブログ。こちらのブログでは、長期医療のために一度会社を退職した2020年新卒の松原さんが復帰することになったことと、復帰当日のイベントの様子を紹介しました。

当日撮影した集合写真(撮影時だけマスクを外しています)

しかし、実はそのブログで描かれているイベントの前には、社員総出で行った壮大なサプライズがありました。今回のブログでは、全員で協力して行ったサプライズの様子を裏側も含めてご紹介します!

「イベントをやりましょう」という1通のメッセージ

松原さんの復帰予定日の5日前。社内SNSで、社長から人事に向けて1通のメッセージが届きました。

松原さんが会社にくるのは16時と業務時間内でしたが、その時間を使ってでもイベントをしてもよいとのこと。社長からのご提案に「ぜひやりたいです!!!」と2つ返事で引き受けました。

そして、松原さんが在籍時に働いていたメンバーが中心となり、イベントの企画を練ることに。「治療が終わっておめでとう!」&「帰ってきてくれてありがとう!」というダブルの嬉しいお祝いイベントの準備をすることになりました。

松原さんが一番喜ぶイベントはなにか?

当社では新たな社員を迎えるとき、定期的に社員懇親会を行っています。その会では基本的に、新入社員から一言挨拶を貰って、その後は歓談…という流れがほとんどですが、今回は思いっきり内容を変えたいと思いました。1年間という長い闘病期間を経て、またファーストロジックで働きたいと決意してくれた松原さんをいまだかつてない盛大なイベントでお迎えしよう!ということで、さっそくイベント内容について社内SNSで議論していきます。

上のやりとりは若干カオスですが、王道のサプライズからイロモノ企画まで色々とアイディアを出していき、最終的に「久々にオフィスに来たが、みんな在宅勤務で会社にいない…かと思ったら、帰り際に全社員が現れるサプライズ」をすることに決定。サプライズ後は歓迎会として、特注ケーキや花束、寄せ書きなどをプレゼントすることとなりました。

チームワークが試されるサプライズ

サプライズの流れはこうです。

1. 1階のエントランスにレッドカーペットが敷いてあり、「何かな…?」と思っていると、「松原さんおかえり!」と書かれた横断幕を持った社員数名が急に現れる

2. オフィスのある5階に着くと、エレベータから降りた瞬間に社員からクラッカーを鳴らされてお出迎えされる。「今日は在宅勤務で社員がオフィスにいないのですが、松原さんのために一部社員は出社してくれました」と伝え、人がいない空っぽなオフィスを見せる

3. 松原さんは「人が少なくて寂しいな…」と思いつつ、人事と面談する

4. 面談を終えたタイミングで、人事から「せっかくだからオフィスフロアをもう少し見ていきますか?」と言われる。再度オフィスフロアへ向かう

5. オフィスフロアに向かうと、死角から全社員が突然現れてくる。よく見ると、一部の社員は「おかえり松原さん」と書かれたオリジナルTシャツ着ている

6. そのまま歓迎会をスタート。更にサプライズプレゼントで特注ケーキや花束、全社員からの寄せ書き、同期と社長からの手紙をプレゼントする

何段階も驚かせる仕組みを盛り込んだ盛大なサプライズです。ケーキや花束など準備しないといけないものも沢山有りましたが、このサプライズでもっとも大事なのは「だれも出社していない」とターゲットの松原さんに思わせることです。

ただし、通常営業日なので長時間業務を離れることも出来ません。そのため、松原さんがオフィスに到着してから面談を始めるまでの間だけ全社員が隠れることにしました。1階のエントランス到着から5階のオフィスフロアにはものの数分で着いてしまうため、約60人がスムーズに動くチームワーク力が求められます。

入念にリハーサルも行いました。どんな仕事も細部までこだわります!

いよいよ当日…

そわそわする中、いよいよ当日です。デザインにこだわった特注ケーキや、オリジナルTシャツ、花束、寄せ書きなどの準備は万端。全社朝礼後に全体リハーサルも行いました。ここからは、さきほどの流れがどのように進んでいったのか、当日の様子をご紹介します。

1. 1階のエントランスにレッドカーペットが敷いてあり、「何かな…?」と思っていると、「松原さんおかえり!」と書かれた横断幕を持った社員数名が急に現れる

面談は16時からの約束でしたが、早めにオフィスに到着することも想定し、15時25分くらいから1階エントランスでの準備を始めました。

入り口からエレベーターまで、長いレッドカーペットをひきます!

ビルに許可をもらってレッドカーペットを敷き、横断幕を持って社員は隠れます。その際、オフィスの外にはカメラを持った社員も待機。オフィスに入ってくるところをカメラに収めようという魂胆です。

そうして隠れて待っていたところ、外で待機している社員から「あれは松原さん…?いや違うかも…」という声が電話を通じて聞こえてきました。隠れているメンバーがこっそりのぞくと、帽子を深く被った人がオフィスの入り口で手を消毒している姿が見えました。

帽子を被った姿は見たことがなかったものの、背丈や少しだけ見える表情から「あれは松原さんだ!!!」と社員が気付き、かなり焦りながらも横断幕を持って松原さんの前に登場します。松原さんは飛び跳ねるくらい驚いていて、第一弾のサプライズは成功です!しかし、レッドカーペットの演出は「ビルの標準設備かと思いました」とのことで、「初見だと確かにわからないよね…」となりました。

松原さん(左)と、横断幕を持ってお迎えするメンバー

一方、社内は想定よりも早く到着した松原さんに騒然。「急いで隠れてください!」という指示のもと、全社員が机の上を片づけて会議室に逃げ込みます。「ハンガーにアウターがかかっているとばれる」という理由で、アウターもすべて大会議室に隠し、なんとかオフィス到着前に逃げ込みました。

2. オフィスのある5階に着くと、エレベータから降りた瞬間に社員からクラッカーを鳴らされてお出迎えされる。「今日は在宅勤務で社員がオフィスにいないのですが、松原さんのために一部社員は出社してくれました」と伝え、人がいない空っぽなオフィスを見せる

隠れる社員とは別に、5名だけオフィスフロアのエントランスでお出迎えをします。

いつ到着するか分からず、そわそわしながら待つ社員たち。すると、エレベーターの扉があき、いよいよ対面!松原さんが降りたタイミングで「松原さんおかえりなさい!」と言い、みんなでクラッカーを鳴らします。

人事と社員数名が盛大にお出迎え!この日のために特大クラッカーも購入しました

「こんなに出迎えてくれてありがとうございます!」と言う松原さんを見つつ、内心「まだまだこれからだぞ」とほくそ笑む社員たち…。

3. 松原さんは「人が少なくて寂しいな…」と思いつつ、人事と面談する

そしてエントランスからオフィスフロアに案内され、誰もいない空っぽのオフィスを見る松原さん。「今日は出社している人が少なくて…」と伝えることで、無事、ここであたかもサプライズが終了したふうに思わせることができました。

社員が隠れたため、誰もいない静かなオフィスフロア

人事と松原さんが別の会議室に入ったのを見計らい、社員は一度オフィスフロアに戻りました。面談が30分くらいかかるのでは?ということだったので、この間にその後のサプライズの準備です。このために用意したTシャツも着用します。

4. 面談を終えたタイミングで、人事から「せっかくだからオフィスフロアをもう少し見ていきますか?」と言われる。再度オフィスフロアへ向かう

ここで想定外の事態が発生。面談が想定より15分早く終わりそうと連絡がはいりました。人事からの連絡をみて、クラッカーを持った全社員は急いでオフィスの角に隠れます。社長や内定者を含めた全員が、そこから無言で待機していました。

クラッカー片手に待機。来ているのは「おかえり松原さん」Tシャツです

4. 人事との面談を終えたタイミングで「せっかくだからオフィスフロアをもう少し見ていきますか?」と言い、再度オフィスフロアへ案内する

いよいよ面談が終わる、と連絡を受けてニコニコ待機する社員たち。会議室の扉が開き、廊下を歩く足音が近づいてきます!おもわず、クラッカーを持つ手に力が入ります。そしていよいよ最大のサプライズの瞬間です…!

5. 誰もいないオフィスフロア…かと思いきや、死角から全社員が突然現れて「松原さんおかえりなさい」と言い、クラッカーを鳴らす!

松原さんがオフィスフロアに顔をだした瞬間!「せーの」「松原さんおかえりなさーい!!!!!」と約60名でクラッカーを発射!突然のサプライズに「わ~!!!」と驚く松原さんを、みんな歓迎の拍手でお出迎えします。

また、「おかえり松原さん」と書かれたオリジナルTシャツにも「すごい!」と良いリアクションをいただきました!

6. そのまま歓迎会をスタート。更にサプライズプレゼントで特注ケーキや花束、全社員からの寄せ書き、同期と社長からの手紙をプレゼントする

ここからは、こちらのブログで紹介した歓迎会が行われました。続きが気になる方は、ぜひそちらもお読みください!

創業17年目、社員総出で初めてサプライズを行いました。松原さんだけでなく、社員にとっても楽しい思い出になったのではないでしょうか。当社の強みであるチームワークが遺憾なく発揮されたイベントとなりました!

こちらのブログを読んで、当社に興味を持っていただいた方は是非エントリーフォームからご応募お待ちしています!

エントリーはこちらから!
>>新卒採用<<
>>中途採用<<