採用ウラ話

2021.03.10

社長が今までに最終面接で聞いた質問5選

当社の最終面接は社長との面接。やはり緊張する方がほとんどです。「最終面接ってどんなこと聞かれるんだろう…」と気になりますよね。そこで今回は特別に、当社の社長が実際に最終面接で聞いた質問を5つ、聞いた理由と併せて紹介します!

大学ではどんな勉強をしているのですか?

専門分野に対してどれくらい深い知識を持っているのかを確認し、学習能力を判断するために聞いています。大学で真面目に勉強されている方であれば、入社した後も真面目に努力して成長できる方だと考えています。

当社が〇〇さんを採用するメリットは何ですか?

学生さんが自身の能力や価値を客観視できているかを確認する質問です。正しく客観視ができる人は自分が置かれている状況を把握し、すべきことを正しく認識できます。すると、当社で重要視している主体性を発揮することができるので、当社で活躍できると考えています。

これまでの人生で最も感謝したことを教えてください

当社の行動指針には「すべてに対して感謝する」という項目があります。この項目を実践できるか確認して、社風にマッチした方かどうかの判断をしています。常日頃から感謝している方であれば、エピソードはすぐに浮かんでくると思います。

当社に応募してから得た情報の中で、印象が良かったものと悪かったものを教えてください

採用活動における情報発信の良い点悪い点を見つけ、改善するためのアンケートであり、特に選考の要素はありません。

会社は誰のものだと思いますか?

会社の所有者は「株主」ですが、この質問に「お客様のもの」と答えられる方であれば、顧客第一主義の当社と考え方が近いと考えてプラスに評価していました。しかし、ほとんどの方が「お客様のもの」と回答されたため、聞く意味がないと思い、2015年くらいに聞くことをやめました。

4つ目のアンケートを除いた質問に共通するのが「当社の社風や考え方に近しい考え方をする方かを見極める質問である」ということ。面接の目的は「双方のミスマッチをなくし、長く一緒に働ける方かを判断する」ことなので、当社の考え方と近しい考えをお持ちかどうかを見極めたいと考え、今回紹介したような質問をしています。

紹介した質問が必ず最終面接で聞かれるわけではありません。ですが、過去にどんな質問を、どんな意図で聞いていたのかを知ることで、最終面接にどのように臨むかをなんとなくでもイメージしていただけたら幸いです。これから最終面接に臨まれる方はぜひ参考になさってください!