インタビュー

2021.01.08

入社後はどんな仕事を?業務中の新卒社員に突撃しました!

「入社後は、どんな仕事をするのでしょう?」

学生さんから、このような質問をよくいただきます。入社後「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、具体的な業務内容はチェックしておきたいところですよね。

そこで今回は、新卒の多くが最初に配属になる「営業部」の社員にインタビュー。これまでに、どんな業務を経験してきたのかを尋ねました。

――では、自己紹介をお願いします。

新卒2年目の伊藤と申します。学生時代は野球部に所属していて、野球漬けの生活を送っていました。

ファーストロジックから内定をもらったのは、大学4年の4月のことです。それから約1年間は内定者アルバイトして週3回ほど出勤し、実務をしながら内定者研修を進めていました。

入社後は、新入社員研修を終えたのち営業部配属になり、新規営業や商品の企画、採用や教育などに携わっています。

――現在はどんな業務を?

新規営業をしています。

新規営業とは、まだ「楽待」のサービスを利用したことがない不動産会社に、サービスを使ってもらえるように営業をする業務。

営業部では毎月チーム目標があり、そこから逆算して個人の目標が伝えられます。例えば私の場合、「新規の不動産会社◯社から受注する」などです。

その目標を達成するために、不動産会社に電話をかけてアポイントを取り、訪問して話を聞いたり、オンラインで商談をしたりしています。

遠方の不動産会社と商談をする場合など、オンライン面談ツールを使うこともある

今はちょうど、今日商談をしたお客様に、お礼のメールを送っているところでした。

――新規営業や採用などさまざまな業務を経験してきたそうですが、中でも印象に残っている業務はなんですか?

入社1年目に、社内の採用制度を変えるためにキャンペーンを作ったことでしょうか。

当社には「社員紹介制度」というものがあります。内定者や社員が知り合いを紹介し、より当社の採用基準にマッチしそうな方を採用しようというものです。

でも、この制度は当時の営業部内であまり活用されていませんでした。「会社に知人を紹介するのは心理的なハードルが高い」などの理由から、制度を全く使ったことがない社員がほとんどだったんです。

そこで、まずは制度を身近に感じてもらえるよう、ひとつの企画を考えました。

――どんな企画を考えたのですか?

チーム対抗のレースを企画しました。

営業部内で4人ずつチームを組み、知人を紹介した社員にはポイントが与えられ、最もポイントを稼いだチームが「社長賞」を受賞できる、というものです。ちなみに最下位のチームは、営業部の忘年会で幹事をすることになっていました(笑)。

――どうしてチーム戦に?

個人戦にすると、年長者が不利になってしまうからです。

内定者や入社1~2年目の社員は、その他の社員と比較して就活生などの求職者を見つけやすいですよね。だから、社歴の浅い社員とそうでない社員を組み合わせてチーム分けしていました。

最終的に、営業部全体で約60人を紹介することができました。そのうち、私たちのチームは紹介人数約30人。中には、この企画がきっかけで当社に興味を持ち、選考を受けてくれるような友人もいたんです。

こうした採用活動での成果が評価され、1年目の10月に社長賞を戴くことができました。

――おめでとうございます!そういえば最近、入社2年以内の社員に贈られる「新人賞」も受賞したんですよね?

はい、ありがたいことに。

採用や新卒社員の教育など、幅広い業務に主体的に取り組み、成果を出していることを評価していただけました。

入社した頃から「新人賞が貰えたら嬉しいな」と思っていたのですが、本当に受賞できるとは思わなかったので、発表されたときは本当に驚きましたね。

本当に私で良いのかという不安もありますが、もっと大きな成果を挙げられるよう、今後はますます気を引き締めて業務に取り組みたいと思います!

――そんな伊藤さんから見て、営業部長はどんな人ですか?

普段は厳しいですが、とても優しい人です。

例えば、仕事の進め方で困ってしまって相談に行くと「何が問題なのか」を明確にした上で、どう解決していったらよいか的確なアドバイスをくれます。

もちろん、自分の至らない点について厳しい指摘を受けることもありますが、指摘だけでなく「こんな風に成長してほしい」という期待も一緒に教えてくれるんです。

部長に限らず、当社の社員にはこのように、合理性と優しさを兼ね備えた社員が多いなと思っています。もし当社にいらっしゃる機会があればぜひ、働く「人」にも注目してみてもらいたいですね。

――では最後に、選考中の学生に一言お願いします。

就職活動を全力で楽しんでほしいです!

新卒として就職活動ができるのは今だけ。ぜひ「新卒」というブランドを持って色々な人に会い、自分が最も納得できる選択をしてもらえたら嬉しいなと思います。

以上、営業部社員のインタビューでした。

なお、業務中の風景や、営業部長とのやり取りの様子などを動画でも紹介しています!

「ありのままの社内の様子を知りたい」「社員同士のコミュニケーションのとり方を見てみたい」という方は、そちらも参考にしていただければ幸いです。