ファーストロジックについて

2021.03.01

デザイナー職の紹介

仕事内容

・WEBサイトやアプリのデザイン制作業務
・HTML、CSSなどのコーディング業務
・LP制作や紙媒体の制作・編集業務 

デザイナー職は、開発部所属です。
不動産ポータルサイト「楽待」のUIデザインなどを主に取り組んでいただきます。
自社サービスのため、ビジュアル制作だけでなく、企画段階から幅広い業務に携われます。

使用ソフト

・Adobe Illustrator
・Adobe Photoshop
・Adobe XD 等

選考時にポートフォリオを提出いただくので、デザインソフトを使った制作経験がある方が前提になります。
入社後に基本的な使い方を学び、応用はデザイナー研修で習得していただきます。
また、当社のデザイナーはコーディングまで行うため、HTML、CSS、JavaScriptも入社後に習得していただきます。

向いているタイプ

・顧客視点でデザインを考えることができる
当社のデザイナーは、依頼主である社員とエンジニアのチームで仕事をすることが多いです。そのため「私はこういうデザインを作りたい」と主張するだけではなく、依頼主の考えやユーザーの視点に寄り添い、なにが求められているのか考えてデザインできる方がよいです。

・デザインを論理的に考えることができる
「なんでカラーを青にしたのか」と聞かれたときに「格好いいから」ではなく、「サイトで青を使用していることが多く、統一させたほうが良いと考えたから」と、理由を明確に答えられる方が向いています。

1日のスケジュール

・WEBデザイナー職・Fさんのとある1日
8:00 出社
8:30 社内SNSを確認する
9:00 全社朝礼に参加する  
9:10 開発部門の朝礼に参加する
9:30 新卒採用サイトのリニューアルに向け、既存のファイル構成を確認するなど、制作環境を構築する
12:00 ランチタイム
13:00 新卒採用サイトのコーディング作業を行う
16:00 改修したサービスのUIに問題がないかデザインのレビューを行う
17:00 新卒採用サイトのコーディングの続きに取り掛かる
19:00 退社

当社のデザイナー職のやりがい

・デザインが必要なあらゆる業務に取り組むことができる
社員からは「こういうところに困っている」「サイトのPVを増やしたいがどうしたらいいか」など、課題ベースで相談されることが多く、課題抽出や企画からデザインに携わることができます。

・自社サービスのため、リリース後もじっくりと課題解決に取り組むことができる
リリースして終了ではなく、自分が考えたデザインやUIがその後、ユーザーにどのように影響を与えているかを知り、改善活動に取り組むことができます。自社サービスの成長を感じることがやりがいにつながります。

デザイナーの仕事に関するブログ

当社のデザイナーに必要な能力とは?入社12年目のデザイナーに聞いてみました