ファーストロジックについて

2021.11.10

仲介手数料の割引も可能!部屋探しをサポートする新しい福利厚生

当社では、福利厚生の一つに「家賃補助」制度があります。本制度は、会社から30分圏内の賃貸住宅に住む場合、会社から月3万円を支給するというもの。さらに、10分圏内に住む方には月4万円を支給しています。

長い通勤で、出社前に疲れてしまっては元も子もありません。そのため、会社から近い立地の部屋を借りやすいよう、家賃補助を行っています。この制度は、福利厚生の中でも最も多くの社員が活用しているものです。

そしてこの度、住まいに関する福利厚生で新しい制度ができました。「賃貸業者紹介制度」です! これは引っ越し時に活用する制度ですが、これを使えばいつもより安くお部屋探しをすることも可能になります!今回は新たな福利厚生、「賃貸業者紹介制度」について紹介します。

「賃貸業者紹介制度」ってなに?

名前の通り、賃貸物件を案内できる不動産会社を当社から紹介する制度です。大手の賃貸仲介会社から、細かな相談がしやすい中小規模の不動産会社まで、自分の希望にあった不動産会社を選ぶことができます!大きなメリットは以下の3点です。

1、仲介手数料の割引ができる!
・紹介する不動産会社は、仲介手数料の割引が確定しています
つまり、交渉いらずで値引きが可能です。
・契約の依頼だけでも利用が可能です
物件は自分で探して、契約だけ対象企業に依頼した場合でも手数料の値引きが可能です。

2、自分の希望にあった不動産会社を選べる!
「仲介手数料の割引額を重視」「お部屋探しの提案力重視」「取り扱い物件量を重視」など、自分の希望にあった不動産会社を複数社の中から選ぶことができます。

3、自由に利用可能!
・複数企業を同時比較や担当者の変更も可能
いい物件を探すため、複数社同時にお願いすることももちろん可能です。検討した結果、お断りしたい場合や直接言いにくい要望がある場合は、人事から不動産会社に伝えることも可能です。

また「そもそもどのエリアに住んだらいいか分からない」という場合は、まずは人事が相談にのりますので、ぜひ気軽にお声掛けください!

制度を使って、仲介手数料の値引きに成功!

2021年9月に作ったばかりの本制度ですが、なんと早くも利用者第一号が現れました!2020年新卒入社の橋本さんです。

橋本さんは、当初自力で部屋探しをしていたそうですが、初めての物件探しで不安な点も多く、値引き交渉なども苦戦していました。そのことを人事に相談したところ、やりとりしていた会社が本制度の対象企業であることが判明。制度を使い、仲介手数料を4万円も値引きできたそうです。今回は、橋本さんに詳しいお話を聞いてみました。

当社は11月にオフィス移転をするのですが、それを機に一人暮らしをしようと考えました。新しいオフィスがある八丁堀には、オフィスから10分圏内のエリアに、自分の希望条件を満たす物件が結構あったんです。30分圏内だと家賃補助が月3万円ですが、10分圏内だと4万円になるので、その差は大きいですよね。

しかし、「どの部屋にするかそろそろ決めなければ」となったときに、色々と迷いが生じました。初期費用を抑えたくて、仲介手数料の交渉もしていたのですが、それもうまくいかず…。どうしようか悩んでいたときに、人事の下東さんに相談しました。

そうしたら、私がやりとりしていた不動産会社のうち1社が「賃貸業者紹介制度」の対象企業であることが分かりました。

そして、下東さんがその会社に電話したところ、仲介手数料を4万円値引きしてくれることになりました。電話1本で4万円安くなるなんて、すごいですよね。人事の方が代わりに連絡してくれるので、交渉が苦手な方はとても使いやすいと思います。

本制度を作った人事チームの下東さんは「当社の本社は東京ですが、働いている社員には地方出身者が多いです。また、新卒入社者の3分の1は、入社と同時に上京したメンバーです。慣れない土地での部屋探しをサポートするのはこれまでもやってきましたが、お得に引っ越しもできたらいいなと思い、本制度を作りました」と話す。

ファーストロジックでは、社員にとって気持ちよく働ける環境を目指し、さまざまな制度やルールをつくっています。少しでも気になった方は、ぜひ当社の採用HPをご覧ください!

新卒採用の方はこちら
中途採用の方はこちら