インタビュー

2020.09.02

クリエイティブ集団・動画制作チームに「好きなYouTuber」を聞いてみた

ファーストロジックは、楽待チャンネルというYouTubeチャンネルを運営しています。チャンネルを立ち上げたのは2009年4月30日と、これだけ見ればトップYouTuberのHIKAKINさんより2年先輩の大御所チャンネルです。登録者数は今年3月に10万人を突破し、現在13.9万人となっています。

当初は動画コンテンツを作ったら保管をするだけの場所で、本格的に運営を始めたのは今から3年前の2017年。不動産投資に興味を持ちにくい若年層のユーザーを獲得するため、YouTube向けの動画制作に注力するようになりました。

ちなみに、これまで制作した中で最もヒットしたのは「孤独死」に密着した少しショッキングな動画です。350万回再生されているため、ひょっとしたら見た事がある人もいるかもしれません。

よく知り合いからは「動画の編集は外注しているんでしょう?」「撮影はプロのカメラマンがやっているの?」などの質問を受けますが、実はすべて当社社員が行っています。

マーケティング部に動画制作チームがあり、企画から撮影、編集作業まですべて社員が行っているのです。YouTubeが好きな方は、入社したら動画制作に携われるチャンスが来るかもしれません!

最新動画は高頻度で公開していますが、企画やアイディアはそう簡単に浮かんでくるものではありません。それでも、コンスタントにヒット動画を生み出す動画制作チームは、普段どんなYouTubeを見ているのでしょう?今回は、動画制作チーム率いるマーケティング部長と動画制作チームに、「好きなYouTuber」を聞いてみました! 

動画制作チーム・井上

動画制作チームの紅一点・井上。愛媛県出身の元保育士で、当社に転職後、動画編集をゼロから学ぶ。今では、1人でも撮影や進行をこなし、動画の編集もバリバリ行う。実は動画制作チーム最古参メンバー。料理上手で、いつもお昼に食べている手作り弁当が美味しそう。女子力がカンストしている井上が好きなYouTubeチャンネルは?

「『今日疲れたからご飯作りたくないな…』という帰りの電車で、はるあんさんの動画をよく見るのですが、次第に『あ、これ今日の晩ごはんにしよう』と、不思議と料理への意欲が湧いてくる演出の動画ばかりです。いろんなレシピを学べるのはもちろんですが、包丁で野菜を切る音、フライパンで食材を炒める音など料理中のさまざまな音にフォーカスしていたり、可愛いお皿がたくさん出てきたり、とにかく料理好きにはたまらない動画です(井上)」

動画制作チーム・菅

 TVCMの制作会社から2018年に転職してきた菅。当時、未経験者で構成されていた動画制作チームに舞い降りた救世主的存在。美大で現代アートを学び、美術教師の経験もあり。PhotoshopやIllustratorも自在に操るが、実は独学で身に付けたらしい。滑舌は悪いがセンス抜群の菅が好きなYouTubeチャンネルは?

「私は「だいにぐるーぷ」さんです!企画、撮影、編集のいずれもYouTubeの枠を超えていると感じます。また、6人がチームワークを発揮し動画を制作しており、たいへん勉強になっています(菅)」

動画制作チーム・辻

チームのブレイン・辻。前職では大阪のテレビ局で情報番組のディレクターを務め、そこで培った取材や撮影、編集スキルを活かし、楽待チャンネルのクオリティを爆上げした。自主映画を撮影するほど映画好きな辻が生み出す映像は、センセーショナルなシーンが心を打つ。そんな辻が好きなYouTubeチャンネルは?

「ゲーム実況系YouTuberの「兄者弟者」です。兄者弟者の魅力のひとつに、弟と兄の掛け合いの楽しさがあると思います。『ファークライ5』の実況は特に2人の掛け合いが絶妙で、2人の魅力がよく伝わる動画になっていると思います(辻)」

動画制作チーム・久保

2019年新卒入社、動画制作チーム期待のニューカマー。入社当時は営業部だったが、ジョブローテーションでマーケティング部に異動。動画制作については日夜勉強に励んでいる。勉強熱心な姿勢を評価され、楽待チャンネルのサムネイル画像を任されるなどメキメキ成長中!そんなフレッシュな久保が好きなYouTubeチャンネルは?

「好きなYouTuberは沢山いるのですが、私はすしらーめんりくさんです!とにかく動画が面白いです。普通は思いつかないようなアイデアや、視聴者を楽しませる編集の工夫に毎回驚かされます(久保)」

マーケティング部長・藤江

2011年入社の新卒一期生。入社4年目で営業部長、その後人事責任者になり、現在はマーケティング部長として、全動画のディレクションを執り行う。正真正銘のオールラウンダー。「ファーストロジックでは3本の指に入るYouTube好き」と公言する藤江は、自ら動画の企画出しを行い、ある時は動画の出演者となり、司会進行なども行う。そんな藤江が好きなYouTubeチャンネルは?

「現代ホスト界の帝王、ローランドさんです!ついつい見てしまうチャンネルです。ローランドさんの撮り方、スーパー(テロップ)のフォント、英字訳を出すなど、編集の雰囲気がローランドさんと合っており、自己プロデュース力の高さに感動します。上質さや高級感の演出がうまく、カメラアングルなど参考にできるところが多いです(藤江)」

皆さんが見ているYouTubeチャンネルは出てきましたか?こんな個性豊かな動画制作チームが運営している「楽待チャンネル」、まだ見たことないという方は、この機会に見てもらえると嬉しいです♪ 
https://www.youtube.com/user/RAKUMACHI