ファーストロジックについて

2020.08.19

仕事をする上で大切にしている10個の行動指針【前編】

「仕事をするうえで、心がけていることはありますか?」

はい、あります。ファーストロジックには「行動指針」というものがあります。社員に持ってほしい信念や考え方に近いですね。有名なものだと、リッツカールトンの「クレド」やジョンソンエンドジョンソンの「我が信条」があります。

今回はファーストロックの行動指針についてご紹介します。

なぜ行動指針があるの?

どのように考え行動するかは、もちろん人それぞれです。しかし、組織として行動基準が統一されていなければ、チームワークを発揮することは難しいですよね。
例えばサッカーの試合で1人だけ戦略を無視して単独行動をしていては、チームの輪を乱すだけで、試合をいい展開に進められません。

組織をうまく前へ進めるためには、行動指針が必要です。
当社では、10個の行動指針を具体的に定め、普段から意識して業務に取り組んでいます。

今回は、その中から5つの行動指針を紹介します。

どんな行動指針があるの?

1、本質を見抜き、最短距離を直進する
まず目的を明確にし、最も効率の良い手段を選択することが重要である。無駄な努力を続けることがないように、業務や目標が目的から外れていないかを日々確認する。

2、最大の顧客満足を狙う
商売とは顧客の期待の連続に応えることである。顧客は高い期待を持っており、それが満たされるとさらに高い期待を持つ。顧客の期待に応えることができない会社は滅びる。

3、全てをシンプルにする
本来すべての物事はシンプルである。複雑なものは記憶力と理解力を必要とし、莫大なコストも生じる。商品、業務、ルールなど、あらゆるものをシンプルにすることで、様々な価値を生み出す。

4、主体的に行動する
主体性とは、自らの行動を自らの意思で選択し、自分の人生に責任を持つということである。より良い人生を送るためには判断力を高め、自ら行動を起こさなければならない。指示を待ち続けるのではなく、自発的に考え行動することが重要である。

5、常にできる方法を考える
今まで誰も思いつかなかったことを実現したり、難しい課題を解決したりすることが強みになる。できない理由を巧妙に考えるのではなく、どうしたらできるかを考えることが重要である。

——–
行動指針の後半は、8月31日(月)更新予定です!
お楽しみに!